スキレットを使ってみたい今日この頃

スキレットを使ってみたい今日この頃

魔法の道具です

最近流行っているスキレットが気になります。スキレットとは鋳鉄製の厚手のフライパンで、その厚みと蓄熱性の高さが魅力です。素材への火の当たりが柔らかく、火の通りにムラがありません。

 

 

そしてスキレットカバーを使えば、圧力鍋や無水鍋、無油鍋に早変わりします。

 

 

そんな魔法の道具スキレットですが、以前から専門店などでは売られていたそうです。しかし大きくて重く手入れに時間がかかるのが難点で、あまり売り上げが伸びませんでした。そこで小ぶりに改良し、お一人様一スキレットを定着させたのです。

 

 

 

現代に欠かせなくなったインスタグラムなどのSNSが火付け役となり、今ではスキレットを使ったオシャレ食卓の演出画像が溢れています。確かにその画像を見ると、何ともオシャレで魅力的です。まるで都会のカフェみたい。

 

 

それが自宅で手軽に出来ちゃうのですから、スキレットブームは上昇し続けています。そしてそのブームに乗っかりたいミーハーな私です。

 

 

 

まずはスキレットがいくら位するのか値段をチェックしました。どうやらニトリでは破格の476円(税別)で売られているらしく、それなら買いだと期待が高まります。しかしどうやら人気爆発中で在庫切れ。ヤフオクだとまさかの5,000円とかで取引されているそうです。

 

 

 

それは凄い!もっと早く知っていれば買い占めたかった・・・そしてヤフオクに出品して儲けたかった。

 

 

 

いよこしまな心が働いちゃいます。次の入荷は5月上旬という事で、それまで待っていられません。100均でも売られているとの話もありますが、そもそも安値のスキレットはガス火専用となっています。

 

 

我が家はIHなので、その時点で安いスキレットは買えません。かといって東急ハンズで売られているスキレットは数千円しますから、家族4人分買ったら結構な出費です。

 

 

 

いきなり諦めモードな私。とりあえずスキレットを使ったレシピを検索すると、これがまたオシャレなのです。スキレットでステーキや餃子は当たり前、パエリアやラザニア、チキンホットパイ、ピザ、リゾット、色々野菜の蒸し焼き、ローストビーフ、パン、一人鍋などなど。

 

 

 

 

ネットで検索すればかなりの数のスキレット料理が見られます。但し手入れは昔と変わらず大変な様で、熱が冷めきってからお湯で洗い、水気を飛ばす為に火にかけてカラカラ状態にします。次にオリーブオイルを塗り、油の膜を作ります。

 

 

 

冷めるまで待って新聞紙に包み保管しておきます。慣れるまでは面倒ですが、手間を怠るとスキレットが割れたり錆びたりしてしまうので要注意です。せっかく流行っているうちに、スキレットを購入してオシャレ料理してみたいです。